LANG: JP/EN

TEL: 076-208-3380 受付 9:00〜18:00(土日祝日を除く)

  英文契約書作成支援

  英文契約書作成の注意点

海外の会社との取引のために契約書取交しが必要になった場合、通常使用されている契約書のフォーマットを英訳すればそのまま使用できると思われている方を時々見受けます。 海外との取引を定常的に行っている企業でも、その様な誤解は少なくありません。 しかし実際には、和文の契約書は、通常日本の法律のみに準拠して作成されており、その他の言語の契約書は母国の法律に従って作成されていますので、一方の契約書をそのまま他方の言語に翻訳すると、翻訳に誤りが無かったとしても、法律や慣習の違いにより、内容に矛盾衝突のリスクが発生することになります。 よって、海外取引先との契約書は、特定の言語版(英文)のみを正式版とし、和訳を含む翻訳版はあくまで参考資料という位置付けとすることをお薦めします。 相手方との合意事項など特段の事情により双方の言語版を正式版とされたい場合には、翻訳による矛盾衝突が起こった場合にはいずれの言語版を正とするかを条件に含める必要があります。
また、契約書の内容については、海外取引の際にクローズアップされ易い「準拠法」や「管轄裁判所」は勿論、「賠償責任の範囲」「補償」「秘密保持」等、日本国内取引の場合には大きな問題にはならない様な条項にも細心の注意を払う必要があります。
弊所では、お客様から英文契約書の作成をお受けする際には、十分に内容・条件の詳細をヒアリングさせて頂き、内容を読合せ、各条項の条件と起こりうるリスクの詳細をご説明した上で、全ての条件につきお客様にご納得いただいたものを最終版として納品させて頂いております。
作成可能な契約書の例:
売買契約、ライセンス契約、業務提携契約、代理店契約、M&A契約、機密保持契約、製造委託契約、コンサルティング契約、和解/合意契約 等

  契約書のリーガルチェックとは?

リーガルチェックとは、作成された契約書が、法律の見地から妥当な内容か、契約者の意図をきちんと反映した内容になっているか、契約者にとって後々不利益になるリスク等がないかを、予防法務の観点から精査することです。
特に、外国の取引先との契約書は、準拠法や管轄裁判所など、うっかりすると後で莫大な不利益を発生してしまう要素が多く、お互いに専門家によるリーガルチェックを行い、公平でバランスの良い内容にすることが必要です。
弊所では、貿易の経験が豊富でプロの翻訳家としても活躍している行政書士が、英文契約書のリーガルチェックと、お客様との内容に関する打合せやチェック結果の解説を行います。 海外のビジネス展開のための研鑽の為にも、弊所の英文契約書作成・リーガルチェックをぜひご利用下さい。

  ご支援金額

支援内容 報酬額
和文契約書作成
¥ 50,000 + 税
英文契約書作成 ¥ 70,000 + 税
和文契約書リーガルチェック ¥ 40,000 + 税
英文契約書リーガルチェック ¥ 60,000 + 税

  お問い合わせ窓口

ご質問がある方、サービスについて詳しく聞きたい方、初回の相談は無料!
ぜひ下のお問い合わせフォームまたは電話番号へお気軽にご連絡下さい。

走り書き 走り書き